4721374
競馬ジロウ

当たる予想が、完全無料で手に入ります,登録!!

寝取られ体験告白掲示板


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
メール投稿容量30倍アップ、素敵な画像を投稿ください
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

私の実家で妻と-(続編) 投稿者: 投稿日:2015/04/14(Tue) 21:37:05 No.2139  

昼過ぎに、私は兄の部屋に行き
しばらく雑談をしたあと話を切りだしました。

「兄貴さ、あのさ…昨日の夜のこと…やっぱ聞こえてた?」
と私が兄に訊くと、兄は少しキョドりながら
「そりゃ…妻ちゃんがあんだけ声出してたら…分かるだろ…やってたんだろ?」
兄の口調と顔からは (セックスできていいなぁ)という感じが伝わってきました。
私は思い切って兄に言いました。
「兄貴さ、妻と…そのぉ…セックスしてみたい?」
兄はビックリした顔で慌てながら
「いきなり、何言うんだ…」
「いや…兄貴さ、童貞だろ?あ、バカにしてるんじゃないよ、ただ…」
いざとなると私も、実の兄に妻とセックスして欲しいとは言いづらく
「あのさ、昨日の妻の声とか聞いて、どう思った?」
兄は少し間をおいてから
「…正直、ドキドキしたよ」
「妻の声聞いて、いろいろ妄想した?」
「うん。正直、興奮した」
兄との会話はしばらく続きました。
そして兄に、今夜妻とセックスさせてあげるから夜までに考えておいてくれと告げました。

夕方になり、私は今度は妻に事情を話しました。
「あのさ…昼間兄貴と話したんだけどさ、やっぱり昨日の夜のこと聞こえてたってさ」
妻は少し顔を赤らめながら
「やっぱりぃ?まずかったじゃん…あの時はめちゃくちゃ興奮して止まらなくなっちゃったけど、終わったあとヤバいなぁって思ってたんだよぉ…今朝お父さん達に顔合わせるの恥ずかしかった…」
「でさ、あのね…」私はひと呼吸おいて
「昨日の夜兄貴さ、妻ちゃんの喘ぎ声聞きながら、オナニーしてたんだって…やらしくない?」
「えぇぇぇ!…ほんとに?まずかったよねぇ…でも…やらしい…」
私は妻の身体を触りながら、そしてキスをしながら言いました。
「それでさ、兄貴と話してるうちに、オレもだんだん興奮してきて…兄貴に妻ちゃんとセックスさせてあげるって言っちゃったんだ…怒る?」
「えええええ!!マジで言っちゃったの?もぉ…お兄ちゃんと顔合わせづらいじゃん…」
「怒った?」私は妻の胸を揉みながら訊きました。
「怒ってるわけじゃないけどぉ…まいったなぁ…恥ずかしいよぉ」

実は妻とは前から、セックスの最中に
兄貴は童貞だから筆下ろししてやって欲しいと言い、いろいろ妄想して二人で興奮していたんです。
それがまさか現実になるとは妻も動揺を隠しきれません。
「兄貴にはさ、今夜もセックスするから、妻ちゃんがOKしたら、兄貴の部屋に連れて行くよって言ってあるんだ。だから、もしさ、今夜セックスして、妻ちゃんが兄貴とする気になり切れなかったらやめるよ。そもそも実の兄に嫁を貸し出すなんて異常だからさ」
「う〜ん…やっぱり現実には無理だよぉ…マズいよ。それにお父さん達だっているじゃん。バレたらどうするのよぉ」
妻はリアルに困った顔をしています。
掲示板などで募集した単独さんや
行きづりの相手なら、私が妻を愛撫して
その気にさせれば、今までは妻は渋々ながらも寝取られをOKしてきました。
でも今回は実の兄です。この先も付き合いのある相手です。
「やっぱり無理かぁ…そうだよなぁ」
「ごめんね…無理だよぉ」
私はそれ以上妻を説得するのを諦めました。

妻は兄と顔を合わせるのが恥ずかしそうにしていましたが、なんとか普通に夕飯と
風呂を終わらせました。
兄もまた、どこか緊張しているようで
私達3人はあまり会話をしませんでした。

私と妻は、両親が寝静まるのを待って
昨夜と同じようにセックスを始めました。
私はあえて兄の話は出さないで
妻にいつも以上に濃い愛撫をしました。
もちろん妻も兄の話には触れませんでした。

濃厚なセックスが始まり
妻が興奮してきたのを確かめると
私は妻を正上位でゆっくり突き上げながら、妻に抱きつき、キスをしたり
首筋や耳を舐めながら言いました。
「昨日セックスしてたの…バレちゃってたね…」
「…ぅん…ぁ…」
「バレちゃったの…やだ?」
「…ぁん…やだっていうか…ぁ…恥ずかしい…」感じながら妻が答えます。
「でも…興奮した?」
「…ぅん…」
「声とか聞かれそうで?」
「…ぅん…ぁ…ぁん…」
「聞かれてたね…兄貴オナニーしたって」
「……やらしい……」
「やらしい?それ知って興奮する?」
「………………やらしい…興奮…ぁん……する…」
妻のスイッチが入り始めました。
妻の言葉を聞いて私もだんだんと興奮が増して、だんだん激しく妻を突き上げ始めました。
「どうする?今夜も聞かせちゃう?」
「……ぁん…どうしよう……ぁ…」
私は更にやらしく妻を突き上げます。
「もう止まらない。激しくしちゃおうよ。パンパン音立てていーい?」
「…ぇ…ぁん…いいょ…して…」
妻もどんどん興奮してきているのが分かります。私はパンパン音立てながら激しく腰を打ち付けます。
「声は?出さないの?」
「……ぇ……」
「我慢できる?兄貴に聞かれるの、やだ?」
私は妻を攻め続けます。すると妻から
意外、というより期待通りの答えが返ってきました。
「……声…出してもいい?我慢…で…きない…ぁん…」
「兄貴にまた聞かれちゃうよ?いいの?」
「……………………いい…聞かれたい……」
私はその言葉に興奮Maxで
「じゃあ、我慢しないで声出しちゃえ!ほら!」激しくパンパンします。
「あぁぁぁぁ!…ぁん…やだ…あああああ」
とうとう妻は普通に喘ぎ声をあげ始めました。
「気持ちいい?兄貴に聞かれてると思うと興奮する?やらしい?」
「…こ…ふんする…ぁぁぁぁ!……聞かれてるの……やらしい…あああああ」
妻も激しく悶えます。
「実は兄貴、すぐ扉の向こう側で聞いてるかもよ」
「…ぇ…そ…そうな…の?」
「やだ?」
「…ぅぅん…やらしい…聞かれたい……
ぁぁぁぁ!」
その言葉を聞いて私は妻から離れました。
「妻ちゃん、兄貴とセックスしてくれる?」
妻は少し間をおいてから
「…ぃぃよ…したい…」
妻は確かに「してもいいょ」ではなく
「したい」と言ったのです。

その言葉を聞いて、私は妻の手を引いて
1階の兄の部屋に連れて行きました。




私の実家で妻と 投稿者: 投稿日:2015/04/14(Tue) 19:57:01 No.2138  
今回は2年ほど前に
私の実家で起きたことを書かせていただ
きます。

その当時妻は42歳になったばかり。
妻とはバツイチ同士で、再婚しました。
その妻と初めて私の実家に一緒に泊まった時の話です。
本当は泊まる予定ではなかったのですが、状況の流れで一晩泊まって帰ることになりました。
夕飯や風呂を済ませ、2階の私の部屋に上がりました。
私がまだ実家に居た頃に使っていた部屋です。
その隣りの部屋には、私の小さい頃や学生時代の写真や思い出の品などが置いてあり、それらを見て妻は楽しそうに喜んでいました。
妻と私がいろんな場所を、面白いモノはないかと物色していたときです。
妻が写真の入った封筒を見つけました。
その中から出てきたのは、なんと私の父が撮ったハメ撮り写真だったのです。
明らかに父と分かる男性と母のハメ撮りのモノや、父以外母以外の男女が入り乱れた乱交のモノなどもありました。
初めは私も妻もショックでしたが、見ているうちに段々と2人とも興奮してきて、私の部屋に戻って布団を敷いた時には、2人ともエロモードになっていました。
私が妻の身体を触りながら
「セックスしちゃう?」
と言うと妻は
「したいけど…聞こえちゃわないかなぁ…」
と少しためらいました。
私の実家は、かなり古い木造2階建てなので、いろいろな物音がかなり響きます。
ましてや1階には両親と、私の部屋の真下の部屋には兄の部屋があります。
私の兄は若い頃に病気をして今も実家に住み、未だに独身童貞なんです。
真下の兄の部屋からは、たまに物音が聞こえ、まだ兄が起きている様子が分かりました。
「声を出さないで静かにやれば大丈夫だよ」
私は妻にそういうと、妻にキスをしながら妻を全裸にして愛撫しました。
妻も段々興奮してきて、声を押し殺しながら感じ始めました。
声や音を立てないように、お互いに愛撫し合うことが、いつもより濃厚なモノとなっていき、二人とも完全に興奮してしまいました。
私は部屋の扉を開け、階段の踊り場に全裸の妻を膝まづかせ、妻の頭をつかみフェラをさせました。
妻は音と声を出さないように、歪んだ顔でフェラをします。
音を立てれば、間違いなく下に聞こえます。
そのあと部屋の布団に戻り、妻と正上位でつながりました。
初めはゆっくり静かにしていたのですが、私の興奮はどんどん大きくなり、段々と激しくなっていきました。
妻は必死で声を押し殺しています。
でも私が妻の耳元で
「もう声出してもいいょ、もう激しくしちゃおうよ」と言うと、妻は声を出し始めました。
「興奮してる?気持ちいい?」
と妻に訊くと
「気持ちいい…興奮する…」
と言い、私の耳を舐めてきました。
「もっと激しくしちゃう?パンパン音立てたい。いい?」
と妻に訊くと妻は
「やらしい…いいょして」
と言い、私に抱き付いてきました。
私はもう興奮がMAXで、激しくパンパンと音を立て妻を突き上げました。
古い家なので、家自体も多少揺れていたはずです。
そのあと今度は、妻を階段に四つん這いにさせ、妻を1階に向けさせバックから激しく突きました。
階段なので、さすがに声は押し殺していましたが、妻も我慢できずに吐息が漏れます。
そのとき、兄の部屋から咳払いが聞こえました。
私と妻は再び布団に戻り、激しくセックスをしました。
妻の髪をつかみながら
「気持ちいいか?もっと激しくしていい?やらしい?」
と訊くと妻は
「もうおかしくなりそう!最高…」
と言います。
「もう叫んじゃえ!ほら!もう親や兄貴に聞こえてもいいでしょ?」
と激しく突き上げ
「ほら!叫んで!」
私が言うと妻は
「あぁぁぁぁぁぁぁぁ!いくぅぅぅぅぅぅ!!」
と大きな声で叫び、私も妻の腹の上に大量に射精しました。
両親や兄には、間違いなく
私たちのセックスの振動や声が聞こえていたと思います。
翌朝、妻は恥ずかしそうに
両親や兄と顔を合わせていましたが、特に何かを言われたりはしなかったため安心しました。
ですが、なんと父が
もう一晩泊まっていきなさいと妻に言いました。
妻も承諾したため、もう一晩泊まることになりました。
私は、妻と兄をセックスさせようと思い、妻には内緒で兄と話をしました。
やはり兄は、昨夜の私たちのセックスに気付いていて、いろいろ話してるうちに、兄は妻とセックスをしたいと思ってることが分かりました。
童貞なので、妻で脱童貞をしたいと…
私も、妻が兄と、しかも実家の兄の部屋でセックスをしているとかろを見たくて、妻を説得して兄に貸し出すことにしました。
今夜もまた二人でセックスをするので、こっそり覗きにきて欲しいと兄に告げました。
妻が興奮してきたら、無理やり兄の部屋に全裸の妻を押し込むと告げました。
そのあとは、私は兄の部屋を覗きしごくからと。
兄と妻と二人で一度済んだら、そのあとは3Pする約束して
ドキドキしながら夜を待ちました。
つづく…



トラックドライバーに妻を貸し出... 投稿者: 投稿日:2015/04/11(Sat) 05:17:49 No.2136  
私44歳-妻43歳の夫婦です。

今回は妻をトラックドライバーに
貸し出した時の話を書きたいと思います。
初めに断っておきますが
かなりの長文なりますし
読みづらい部分もあるかと思います。

先週末、埼玉県某所の道の駅での話です。
私達夫婦は子供を実家に預け
夕方から夜桜見物と食事を兼ねて
埼玉県某所に出かけました。
久しぶりの二人での小旅行なので
妻も嬉しいようで、かなり機嫌もよく
食事をしたあとに夜桜を楽しみました。
川沿いにライトアップされた桜を見ながら
久しぶりに手をつなぎながら
プラプラと散歩をし、途中のベンチに座ってしばらく桜を眺めていました。
時間も遅かったのもあり、人影もまばらで
21時を過ぎるとライトアップも終わり
通常の街灯だけが桜をぼんやり照らしていました。
その薄暗い雰囲気と、川の流れの音で
二人とも少しエロモードになっていました。
私は妻の肩を抱き、それから手を妻の胸のほうへ少しずつ移動し、妻の胸を揉みながらキスをしました。
妻は「やだぁ…もう」と照れながらも
私が妻の胸元から手をすべりこませ
胸を直接揉み始めると
妻もトロンとした目で、目を開けたまま
舌を出し絡めてきました。
しばらくお互いの身体を触り合いながら
キスをしていると、駐車場に何台かの
大型トラックが停まっているのが見えました。
「トラック停まってるね」と妻に言うと
「そうだね…」と妻はキスをやめ
うつむきました。
私は妻のアゴに手をやり、再び妻の口に舌を入れ、舌を絡めながら妻に言いました。
「久しぶりに…やろうよ…」
妻はまたうつむき
「う〜ん…
「私はあなたとセックスしたいのに…」
と乗り気ではありませんでした。

今までも、道の駅やドライブインで
トラックドライバーに妻を貸し出したことはあります。
ですが妻はMでもないし、淫乱なわけでもなく、いつも乗り気ではありませんでした。
でも興奮した私は自分の車に妻を待たせ
いつものようにトイレの前で
相手を物色しました。

トラックは5台停まっていて
そのうち3台のトラックのドライバーが
トイレにやってきました。
そのうちの一人を選び声をかけました。
少し小柄で気のよさそうな
50代前半くらいの人でした。
私は「妻と小旅行に来たのですが、このあたりにホテルはないですかね?」と言うような会話から入り、5分ほど雑談をしてみて
その男の人柄が合格点だと判断し
話を切り出しました。
「いきなりの話でビックリするかもですが…うちの妻をトラックで犯してもらえませんか?」
大抵のドライバーはビックリして、笑いながら断ります。
そのドライバーも初めは
「え?ヤバい話なんじゃないの?」とか
「またまたぁ〜冗談でしょ?」みたいなことを言っていましたが
私が今までの話や、あくまでも個人的な楽しみなんだと伝えると
ドライバーはOKしてくれました。
そして妻を呼びに行き、二人を対面させ
ドライバーにいくつか約束してもらいました。
犯して欲しいとは言ったものの、本当に犯すわけではなく、妻が嫌がることはしないこと、ゴムを付けること、デジカムを渡すので撮影すること、トラックのキーは私が預かること。
ドライバーは以上のことを了解し、少し緊張ぎみにトラックの高い運転席に乗り込み、助手席側のドアを開け妻の手を引き
妻をトラックに連れ込みました。
妻は緊張しながら私の顔を見て苦笑いし、
トラックに乗り込みました。
今回のトラックは、大型のトレーラーで
窓は私の頭上に位置し、カーテンも閉めてあるので中は覗くことができません。
私はトラックの窓の下で耳を澄ませます。
ですが、今回はあまりに大きいトラックで
中での会話や物音が聞き取れません。

10分ほど経った頃でしょうか
トラックのフロントガラスから
わずかに見えるダッシュボードに
妻の服が置かれるのが見えました。
トラックドライバーに妻を貸し出す時には
妻にはジーンズを履かせます。
理由はトラックの中で妻を全裸にさせるためです。
スカートだとそのままでもできますから。
初めて会った男にトラックの中で全裸にされ犯される妻……興奮します。
今まさに、妻は全裸にされた所です。
ちなみに妻は43歳の熟妻ですし
体型もかなりぽっちゃりしています。
ですが、そんな普通の人妻が
トラックの中でセックスをしている…
めちゃくちゃ興奮します。

妄想すればするほど興奮は増していきましたが、今回は本当に中の様子が分からない。
私は外でただ立ちんぼなのも、周りから見たら変だよな、どうせあとでビデオを見れるんだしと、トラックのドアをノックして
「ちょっとトイレ行ってから車に居ます。終わったら車に来て下さい」と告げました。
トラックのキーは私が預かっているし、大丈夫だろうとトイレに向かいました。
そのあとフードコートでコーヒーを飲み
タバコを吸ったあと自分の車で待っていました。
30分以上は待ったでしょうか。
今回は随分長いな…大丈夫かなと思い
トラックに向かおうとしたちょうどそのとき、トラックのドアが開き、妻だけが降りてきました。
どこか妻の様子がおかしく
「長かったけど、大丈夫か?」と訊くと
「うーん…あとで話す…」と
車に乗り込みました。
私はトラックドライバーにトラックのキーを返しに行こうと歩き始めました。
そのとき、予想外の事が起きました。
トレーラーが動き出し、走り去ったのです。
私の手の中には確かにトラックのキーがあります。
頭の中は「?????????」な感じでした。
あとでわかったのですが、どうやら私に渡したキーはスペアだったようです。
私はなんだか嫌な予感がし、急いでラブホを見つけて入り、妻に話を聞きました。

妻はずっと困ったような顔をして
「あなたがいけないんだからね…」
と怒ったように、哀しそうにいい
「どうせビデオ見るんでしょ?私が話すより見たほうが早いよ…」とデジカムをホテルのテレビにつなぎました。そして
「みても怒ったり取り乱したりしないでね?あなたが望んだことの結果だし、きっと興奮するよ。私はあなたのためにしただけだからね…」
そう言ってビデオを再生しました。
私はいつになく緊張しながら、妻と二人でビデオを見始めました。

ビデオが回り始め、まだ二人は服を着ています。
お互いに緊張しているように、だんだんと身体に触れ合いながらキスをし始め
ドライバーはキスをしながら妻の服を脱がせます。
妻は目を閉じたまま、何も言わず
ドライバーに身を任せます。
ドライバーは妻を全裸にしたあと
自分も全裸になり、妻をトラックの寝台に押し倒すといきなり妻のマ○コにむしゃぶりつきました。
妻の足をつかみ、大きく広げ、執拗に舐めまくります。
妻の口からはだんだんと吐息が漏れ、それが喘ぎ声に変わっていきます。
「あん…やっ…あぁぁぁ…」
「奥さん、気持ちいい?オマ○コ。オレの頭を押さえてオマ○コに押し付けてみな」
「ぇ…ぃやん…そんなこと…」
「いいからやれよ。旦那から犯してくれって言われたの聞いただろ?本当に犯すわけじゃないんだからさ、でも言うこときけよ」
ドライバーは少し強い口調で妻に言います。
妻は仕方ないと言う感じで、ドライバーの頭を押さえ自分の性器に押し付けます。
ドライバーは一層激しくむしゃぶりつきます。
「奥さん、どう?気持ちいい?興奮してきた?」
「…気持ちいい…ぁん…やらしい…」
妻もだんだん興奮してきているようです。
そしてドライバーはマ○コを舐めるのをやめ、今度は自分のチ○ポを妻にしゃぶらせようとします。
(そのとき私のノックと声が入りました)
「旦那さん、車で待ってるのか」
そう言いながら、ドライバーは妻の髪をつかみ何も言わずに妻の口にチ○ポを押し付け、妻はビックリしながらもチ○ポに舌を這わせ、やがて口に含み鼻を鳴らします。
そのとき、ドライバーが予想外の行動に出ました。
妻にチ○ポをしゃぶらせながら
携帯で誰かに電話をしています。
「おぅ、ちょっとオレのトレーラーに来いや。運転席から上がって来い」
それだけ言って電話を切り
ビックリして固まっている妻に
「ちゃんとしゃぶれよ。いつもこんなことしてんだろ?」と言いながら
妻の頭を押さえて喉奥までチ○ポを押し込もうとします。
「ぅうう!…ぅぅぅ…ぅぐ…!」
妻は苦しそうにしゃぶります。
その時です。運転席のドアが開き
男がもう一人乗り込んできました。
「うわっ!なにしてんスかぁ!」
「いいから早くおめえも服脱げ。あんま時間ねぇから。事情はあとで話すから、とりあえず楽しめ。めちゃくちゃしていいぞ」
それを聞くと男Bは慌てた様子で服を脱ぎ、妻のマ○コにむしゃぶりつきました。
男Aは妻の頭を押さえて自ら腰を振ります。
まるで口を犯しているようです。
妻は男Aを押し退け
「約束と違う!」と言いましたが
「オレ一人とか、約束したか?」
と言いながら今度は妻の口に舌を入れふさぎます。
「ちょっ…ぅぅぐぐ…やん」
男Bはマ○コを指で掻き回しながら
「オレもしゃぶってよ」と
二人がキスしてる近くにチ○ポを差し出します。
「おめえ、チ○ポくせえよ!」Aが言います。
「いやぁ…風呂入ってないんで」とBが言います。
妻は無理やり、初めて会った男の
洗ってもいない臭いチ○ポを
しゃぶらされます。
Aは妻の間に入り、妻のマ○コにチ○ポを何度かこすりつけブチ込みます。
「ちょっ…!ゴム!ゴムつけて!ぁん…だめだって!マジで!やめて!…あんっ…あぁぁぁ」
と妻が言ったときには、Aは既に激しく腰を振り始めていました。
Bは妻の両腕を押さえながら口を犯します。
妻はAに膣奥を犯されながら、同時にBに口を犯され
「ぅぅぅ…ぅぅぐぐ」とうめきます。
「奥さん、気持ちいいか?もうさ、ここまできたらいいだろ。もっと気持ちよくなっちゃえよ。ほら、淫乱になっちゃえ。声出しちゃえ!ほら!」
妻はBのチ○ポを手でしごきながら
とうとう
「…ぁん…気持ちいい…あぁ…やだ…」
と言いながら、目がだんだんとうつろになりまじめ、たまに焦点が合ってない目を天井に向けます。
Bが「奥さん、やらしいねぇ…オレ邪魔だった?来ないほうが良かった?」と訊くと妻は 「…やだ…気持ちいい…」
「やだって?やなのか?やめるか?」
「…ち…違う…気持ち良すぎて…ぁぁぁ…やらしい…」
Aが更に激しく腰を振ると
「ぁぁぁ....ぁぁぁああっ!!」
「ほら!叫んじゃえ!ほら!」
「ぁん…ああああああああ!!」
妻は叫びました。
(このあたりからビデオを見ながら
私はチ○ポをしごき、妻はマ○コをいじりはじめました)
「奥さん、どう?こんなん嫌?どうする?Bのも入れたい?」
「…ぁ…はぁ…あっ…いっ…いれたい…やらしい…やらしい!!もっとしたい…して!」
Aに代わりBが入れると妻は自分から腰をくねらせ
「硬い…やだ…ぅんぅんぅん…ぁん…ぁんぁん」Bの腰の動きに合わせて喘ぎます。
「奥さん、やらしい?興奮する?」
「…や…やらしい…興奮する…ぁん…」
「最高?」
「……………さいこぉ……………」
妻はそういうと、自分からAのチ○ポを
手に取りむしゃぶりつきました。
(やらし過ぎる…私も妻もビデオを見ながら興奮Maxです)
やがてBが腰の速度をあげ
「うぅヤバい、いきそう」
パンパンパンパンパン…
「奥さん出そう…マジで、このままいい?いっか。やべっ、出る!」
妻の目は焦点が合っておらず
おそらくBの言葉は耳に届いていない様子でヨダレを垂らしながらAのチ○ポをしゃぶっています。
「出る!いく!うっ……はぁはぁはぁ…うっ……」
Bが妻の上に倒れながら、腰だけをゆっくり前後に動かし、妻の膣奥に精液を注ぎ込みます。
「あっ!やだぁ!ダメだよぉ」
妻は一瞬だけ我にかえったようでしたが
Bがゆっくり前後に動きながら射精すると
妻もその動きに合わせ腰をくねらせ
「……ぁん…熱い…やらしい…最高…」
とアへ顔でBにキスしました。

ここまで見たところで
私も妻も我慢できなくなり
シャワーも浴びずにお互いをむさぼり合い激しいセックスをしました。

再生中のビデオには
Bに続いてAに中出しされる妻が
中出しされながら
「…最高…」と言いながら
Aの顔中を舐め回す場面が映し出されていました。


大変な長文になってしまい
申し訳ありません。
ですがこれが、つい先週の出来事です。
最後まで読んで下さった皆様に感謝です。
興奮していただき、おかずになれればと…



追記  - 2015/04/11(Sat) 05:51:28 No.2137  












トラックドライバーに
妻を貸し出すことは
めちゃくちゃ興奮しますが
平常心に戻ってから冷静に考えると
今回の一件でわかったとおり
リスクもあるかと…

でもまぁ、妻に
「もうやめたい?」と訊くと
「う〜ん…考えておく」
と答えが返ってくるので
まだしばらく変態夫婦生活力は
続きそうです。




嫁と親友4 投稿者:よし 投稿日:2014/02/25(Tue) 20:48:03 No.2128  

もう四回目になるので、だいぶん慣れたと言うかセフレになった感じです。
二人でlineでやり取りしていて、そのやり取りは毎晩仕事から帰ったら確認するのが日課になってます。

今日も18時頃に二人で会うと言う連絡があったんで、会っておいでと伝えて俺は20時頃に終わるから半くらいに迎えに行くとメールしました。
Sが言うには、嫁の洗ってない蒸れたアソコの匂いが堪らなく興奮するそうです。
嫁にその事を言うと、私もS君のを剥いて蒸れた匂い好きだよって。

どれだけ興奮させてくれるのやら。

今日は二回して、一回は飲んだみたいだけど、なんか完全にいったんじゃないから実際は一回かな?って変な事いってた。
二回目?は中に出してもらったみたい



Re: 嫁と親友4  - 2014/09/27(Sat) 07:05:27 No.2134  

掲示板見ました✋😄
そんな女性と出会いたいですね(笑)



以前の募集でついに妻が、、、 投稿者: 投稿日:2014/07/14(Mon) 22:20:42 No.2131  
以前、こちらで募集をかけたゆうです。お陰さまで縁ある方々と妻がついに複数プレイをいたしました。
募集内容も内容だったため、沢山の方々からメール頂き、選考させて頂きました。
7月8日、夜、ついにその時がきました。
来ていただいたのは20代の方2名と30代の方2名。いずれも20センチを越える巨根さんばかり、、、
軽く居酒屋でお酒を飲んだあといざホテルへ
妻もお酒が入ったのもあり、少し興奮気味でした。
それでは、はじめますか。
僕の声を待ってましたとばかり、妻が脱がされます。体形の崩れた40代のおばさんの裸、、、
それがいっそう卑猥に見えました。
では、僕らも脱ぎますか!
一番歳上のA さんがいうと、皆が全裸に。やはり、、、、デカイ。
ズルンと飛び出たアレは皆、ほんとにデカイ。僕も全裸になりましたが勃起しても皆の半分程度。
あらあら、旦那さんほんとに小さいんですね。
一番年下のD君がけなすように僕に言いました。
これでは奥さんも満足できないですよね?
続けざまに20代のC君も妻に問いかけます。僕は、悔しい思いの中、ほんとに立派な二人のアレを目にして、興奮していたのもありました。
同じ男なのに、こんなにも違うのか、、、これから妻にアレが入る。入るのか?妻が壊れるんじゃないか?
不安と興奮の中、プレイは始まりました。いくら熟女と言えど妻にとってあのサイズは初体験です。まずは皆で、妻を愛撫してくれました。乳首を吸い、胸を揉みしだき、あまがみ、、、ビラビラを執拗に吸っては、伸ばし、吸っては、伸ばし、クリトリスも音をたてて愛撫します。さすがに、最初は恥ずかしがっていた妻も吐息を漏らし始めました。
あ、そうだ、俺、今日奥さんにプレゼント持ってきたんですよ。
30代のBさんがそう言って取り出してきたのは、なんと、海外製の巨大バイブでした。長さはゆうに30センチ、太さも成人男性の手首くらいはある、巨大なバイブ。さすがに妻もびびったのか、
そんなの、、、無理です。やめて下さい
そう、悲痛な叫びをもらします
いやいや、もちろん最初から、これは入んないですよ。でも、今日一晩、僕らの相手をしたらきっと入ると思うんです。旦那さんから、妻の性器を破壊してもいいって言われてますからね。頑張りましょ!奥さん
爽やかに、しかし、衝撃的な言葉をBさんはさらっと言ってのけました。もちろん、話の流れでBさんにそう言うこともしてほしいとは言いました。でも、まさか、本気でするとは思わなくて、僕は興奮と不安で頭がクラクラしていました。短小の僕のアレは何もしていないのに、ガチガチに反り返りドクドクと血流が波打ってるのがわかるほどでした。
そっと、妻を見ると、そんな事言ったの!と、いう怒りの表情と、これから、いったい何をされるのかという表情で、ひきつっていました。それを感じてか
奥様も、今日は、何も考えずただ快楽に浸ってください。これだけの巨根をその歳で味わえる機会なんてないですよ。旦那さんに感謝しないと。
一番歳上のAさんが上手くフォローをいれます。少し安堵する妻を横目にAさんは妻の足首と手をロープで固定しました。
え、何を!?
戸惑う妻にAさんは
いいの、いいの。気にしないで。たぶん理性が働いて逃げちゃうからこうやって拘束するんです。これで奥様は逃げられません。何も考えず気持ちいいことだけ考えてください。恥ずかしがらないで。
そこには手足を拘束され、崩れた体の熟女。紛れもない僕の妻が考えられない格好でいました。
じゃあ、そろそろ。
やはり、この場をしきるのはAさんでした。自然に主導権を握っているAさんに僕はただ呆気にとられるばかりでした。
まずは奥様の口マンコから、馬鹿になってもらいますか。
そう言うと妻の前に巨根を差し出すAさん。それにつられてBさん。Cくん。Dくん。も、妻の前にアレを差し出します。妻も僕を一度見つめ、戸惑いながらもフェラを始めます。
おお、ソフトでいい感じですね。でも、ほら、ここには4本もあるんですから、一生懸命皆に奉仕してください。
優しく妻をリードしていくAさん。その言葉に操られるように妻は順番にフェラしていきます。ムクムクと、そそりたっていく四人の肉棒。さっきでさえ、デカイと思っていたのに脈打つたびにさらに大きさを増していきます。特に20代の二人の反り具合ときたら、、、まるでAV 男優のような逞しさでした。
うんうん。随分慣れてきましたね。皆、興奮してこんなになってしまいましたよ。でも、実はこれからなんですよ。奥様が今まで味わった事のない快楽。これくらいのチンポじゃなきゃ味わえない刺激を教えますからね。存分に味わってくださいね。
そういうと、いきなりA さんは妻の頭を掴み、いきり立った自分の巨根を喉奥に押し込もうとします。
オェ、ゲホゲホ
いきなりそんな事をされた妻はもちろんむせかえります。
大丈夫。大丈夫。皆、こうなりますから、苦しくても喉を開いて下さい。あくびするみたいに。
言われた通りに妻は頑張ろうとします。さっきより深く、3分の2ほどは入ったところで
オェー。
激しい嗚咽とともに妻がヨダレをだらだらと垂らします。
うん。うん。いい感じ。もっと喉を開いて。ほら、だんだん奥に入りますよ。
ゆっくり、でも確実に妻の喉奥までAさんの巨根が飲み込まれます。そしてついに、、、、根元まで飲み込まれた巨根。妻は目を見開き、口からはダラダラヨダレが流れてます。そこで、Aさんは頭を掴みキープします。苦しさが限界を迎えた妻はいきおいよくオェーっと嗚咽を漏らしながら頭を離します。ゼェゼェと呼吸もままならず涙目で苦しそうな表情です。
これを皆で、しますからね。大丈夫。吐きたいなら吐けばいいし、みんなにしてもらう頃にはきっと口マンコも馬鹿になりますから。
Aさんはそういうと、次はBさんどうぞと促します。苦しそうな妻を気にせず、少し乱暴なBさんは妻の頭を掴みいきなり奥までねじ込みます。
うー、うー。
と声にならない声をあげて拒否する妻に無理矢理、奥へ、奥へとねじ込むBさん。ついにBさんも根本まで入れてしまいました。さらに妻の頭をまるで物のように扱いピストンまでだんだん妻の目が白目をむいてきたのがはっきりわかりました。
はい。ストップストップ。Bさん。ほら、奥様こんなになってますよ。もう。。。
止めに入ってくれたAさんに感謝したのも束の間、Aさんはとんでもない事を言いました。
やっとここまで来ましたね。じゃあ、仕上げは若い人に頑張ってもらいますか。C君、D君、二人で一切遠慮なしに、ガンガン喉奥犯してみて。
僕は驚愕しました。きっと妻も同じでしょう。今まで強引にBさんに犯された、口マンコがようやく解放されると思ってた矢先、今度は若い二人に激しくされてしまうとは、、、
Cくん、Dくんも忠実にAさんに言われた通りに激しく交互に妻の口マンコを犯します。もう妻は完全に白目、、、しかも失禁までしてます。そんなことはお構い無しに二人はさらに激しく妻を使います。
あ、何か、いきなり喉奥の抵抗がなくなった。うわ、すげぇ奥まで入る。ヤバイ。気持ちいい。
そんな事を言うCくん。
ああ、ついにきましたね。旦那さん、奥様の口マンコ壊れたみたいですよ、ほら、あんな二人の巨根がズッポリ根本まで。
Aさんの言葉で、妻を見るとダランと力が抜けて目は虚ろ。涙と、ヨダレをながし、口からは白く泡のようなものまで、、、
あ、あ、あ、妻が壊れてしまう。愕然としながら、しかし、そんな妻を見ながらも、僕のアレは爆発しそうなほど勃起していました。
あ、二人とも若いから出してもいいですよ
Aさんがそういうと二人は
マジっすか!?
貯めてきたから出したくてたまんないです
と、待ってましたとばかりに妻の頭を掴みピストンを早めます。やがて、
いくー
と、C くん。喉奥まで挿入してそのまま、びくんびくんと腰をふり射精している様子。妻はまた、目を見開き、凄く苦しそうな顔をします。ゆっくり肉棒を抜いた瞬間すかさずDくんがまた、奥まで。苦しくて苦しくてたまらないと言う表情の妻。そして、すぐにD くんも
出るっ
と言って妻の頭を喉奥で固定。そのまま、射精したようです。全力で離れようとする妻。でもD君は離そうとしません
う、う、う、ヴぇっ
なんとも言えない声とともに妻がついに嘔吐します。しかし、口の中にはDくんの肉棒。
ブシュッ
妻の鼻からねばついた液体が噴出しました。きっとそれは口を塞がれ行き場をなくし、逆流した、二人の精液なのでしょう。ダラダラと白い液体を流し、ガクンと崩れ落ちる妻。やっとD君は妻を解放してくれました。
あらあら、こんなになるなんて。だんだんと壊れてきましたね。奥様
微笑みながら僕にそう言うAさん。
でも、これからですよ。旦那さんが望んだプレイ。待ちに待った、アレ、ですから!
あまりの興奮で忘れていましたが、そうです。そもそもソレが目的での複数プレイだったんですから、、、
しかし、僕は最後までそのプレイを妻に説明できませんでした。つまり妻は知らぬままそのプレイをされることになります。ここにきて、僕の頭はもう訳がわからなくなってしまっていました、、、





取り敢えず思い出して書いてみました。反響あれば、頑張って続きかいてみます。











Re: 以前の募集でついに妻が、、... 匿名 - 2014/07/16(Wed) 15:15:29 No.2133  

いいですね。
奥様がどの様に壊されていったのか続きが気になります。



最高です! 投稿者:タクボン 投稿日:2014/07/16(Wed) 13:08:27 No.2132  
ゆうさん是非続きを!!


初めての寝取られ&3P 投稿者:S&S 投稿日:2014/02/12(Wed) 14:10:26 No.2124  
妻は少しぽっちゃりな
ごく普通の女です。

私には以前から寝取られ願望があり
妻に打ち明けたところ
あなたが喜ぶのならと割と簡単に承諾してくれました。
妻は当時39歳で、割と真面目に主婦をしてきたので、たまには刺激のある冒険をしてみたくなったのかも知れません。

ネットでお相手を募集し
その方Aさん(43歳)と駅前で待ち合わせしました。
車の中からその方を見つけた時の妻は
「えー…なんかヤダな…」でした。
ですが車の中で話をしているうちに、とても誠実で優しい方だと分かり、打ち解けるのにそれほど時間はかかりませんでした。

時間も無かったことから、ホテルに直行し
ホテルの部屋で10分ほど雑談をした程度で、私がそろそろ始めましょうと告げると、Aさんは妻の手を取り
「一緒にお風呂に入りましょう」と
妻の手を引きバスルームに連れて行きました。
私はあえて5分ほど時間をあけ、そっと脱衣所のドアを開け覗くと、妻はAさんに身体中をまさぐられながら、キスをしていました。
会ったばかりの男に、私が見てないところで服を脱がされながらキスをされている…
その光景は想像していたよりも衝撃的で、初めはヤダと言っていた相手に、緊張しながらもキスを許してしまう妻に、強い嫉妬と興奮を覚えました。
そのあと二人はバスルームに入り、お互いに身体を洗い合いながら何度もキスをして…
私も裸になり合流したときには、まさに妻がAさんのモノをくわえる瞬間でした。
妻は緊張していて動きは固いですが、手と舌だけはやらしく動いていました。
Aさんが妻の頭を押さえ、妻の喉奥深くに突っ込んだときには、また激しい衝撃を受けました。
私は二人を見ながら自分のモノをしごき、平気な顔を取り繕っていましたが、心中はドキドキでした。

そのあと二人は先にベッドルームに向かい、私はまた5分ほど遅れて二人の元へこっそり近づいたのですが、ベッドの上では既に全裸の妻がAさんに濃厚な愛撫を受けていました。
今まで緊張で固くなり、ほとんど声も出さなかった妻の口から徐々に吐息が漏れはじめ、とうとう自ら身体の向きをかえ69を始めました。
いろいろな話を聞いたり読んだりして、本当にこんなに妻は乱れていくのかなぁと半信半疑でしたが、本当に徐々にメスになっていく妻に激しく興奮しました。
そしてついに正常位でAさんのモノが妻に入ると、妻はとうとう「あんっ…あぁぁぁ!」と声を上げ、Aさんにしがみつきました。
それを見て私も我慢しきれなくなり、妻の口にち○ぽをねじ込むと、妻は今までに見たこともないほど激しくむしゃぶりつき、鼻を鳴らし声を上げ間違いなく興奮しているのが分かりました。
それからはいろいろな体位で前から後ろから妻を攻め、Aさんが下の騎上位で妻に尻をつき出させ、私はアナルにブチ込みました。
初めての3Pで初めての2穴同時挿入…
Aさんも初めてとのことで、その頃には3人とも狂ったようにそれぞれが快楽だけを求めていました。
Aさんと私で上と下から妻をサンドイッチしながら、激しく妻を犯すように攻め、妻も狂ったようにAさんの口を吸っていました。
真面目な妻がここまで乱れるとは、本当に衝撃的で本当に興奮しました。

私が妻のアナルに生中出ししたあと、Aさんと二人で濃厚なセックスをし、二人も果てました。

全てが終わったあと後悔とかあるかなとも思っていましたが、思っていたのとは違い3人とも良い空気で別れることができ、家に帰ってからも妻は機嫌よく、その夜は二人で3Pを思い出しながら激しくセックスをしました。
妻はいつもは隣や上の部屋に聞かれないようにあまり声を出さないのですが、その夜からは「もう聞かれてもいいぃー!もっとして!あぁぁぁ!」と叫ぶようになりました。

以上が全て事実の、私達夫婦の初めての寝取られ&3Pです。

長文、乱文大変申し訳ありませんでした。



Re: 初めての寝取られ&3P  - 2014/04/10(Thu) 09:05:50 No.2130  

はじめまして。s&sさんの投稿にすごく、興奮しました。
初めての3pのあと、二回目とかはプレイありましたか?
詳しく聞きたいです。



嫁と親友5 投稿者:よし 投稿日:2014/03/10(Mon) 23:11:35 No.2129  

明日仕事だけど、Sと自宅で晩酌。
もう俺も嫁もなれたもので、飲みながら嫁はSのをしゃぶってます。
俺は嫉妬で冗談でだけど罵声をあびせながら、下半身はギンギンっす。

取り合えず、俺も嫁も話し合って 嫁はSの愛人にと言う事になったよ。
Sがパイパン好きやから、パイパンにしたみたい



無題 投稿者:よし 投稿日:2014/02/20(Thu) 23:27:16 No.2127  

嫁は夕方から親友の家に行ってるみたいで
もう遅いし、明日も仕事だから今から迎えにいきます。

嫁から『お風呂は入って時間あるから、あなたが来るまでにS君をいかせられるかな』ってさ
もう、Sの虜じゃないか



嫁と親友2 投稿者:よし 投稿日:2014/02/18(Tue) 22:09:25 No.2126  

今日は嫁が仕事休みだから、親友も休みをとったみたい。

朝の10時に来て、なんか色々と買い物にいったみたいだ。
それから13時くらいに帰ってきて、お昼を食べてからお風呂に入り
セックスを開始したみたい。

ちょくちょく連絡をくれたけど、突かれてるのか嫁がないを言ってるのかよくわからなかった。

終わって帰ったのが19時みたい
俺が帰る一時間前に、そそくさと・・・待っとけよ、ったく。
写メ送ってくれたから、モロは無理なんで加工してはりますね。

[1] [2] [3] [4]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
Modified by isso